転職に失敗したと思った時にやるべきこと|次の転職失敗を防ぐ方法!

良い会社が見つかり無事転職をしてみたものの、入社してみると「なんか違うな」「転職失敗したかも」と思うことがあります。

  • 聞いていた条件と違う
  • 社風に馴染めないかも
  • 今から何年間もこの会社で続けていけるだろうか

転職後にこういった悩みを持つ人も多いと思います。

今回の記事を読むとわかること

  • 転職に失敗したと感じる理由
  • 失敗したと思っても2-3ヶ月の期間を決めて結論を出す
  • 合わせて再転職活動に向けて準備をしておく

転職に失敗したと思った時にできる対処法や次に失敗しないポイントなどをわかりやすく解説していきます。

目次

転職に失敗したと感じる理由

給与などの条件が違った

入社をしてから事前に聞いていた条件と違ったということがあります。

給与の額・残業時間が当初聞いていた内容と違うことで転職に失敗したと感じるようになります。

業務内容・ポジションが違った

面接時に聞いていた業務内容と違う業務をするように指示されたり、ポジションが違う場合があります。

特に中小企業では1人がする仕事の範囲が大きいので、聞いていないことをやらないといけないことも多くあり不信感に繋がります。

人間関係が合わない

転職先の人間関係が合わないということもあります。

面接の時の担当者は良さそうな人でも、現場の担当者が自分とは合わないこともあり、合わない人と仕事をしていくのがしんどくなりモチベーションが下がるきっかけになります。

特に直属の上司と合わない場合が一番大変になります。

社風に馴染めない

入社後に会社の社風に馴染めないということがあります。

同僚とのコミュニケーションの取り方や雑談が多い、飲み会が多すぎる、生産性を上げようとしないなど会社の社風に馴染めなくて転職に失敗したと感じることがあります。

やりがいが感じられない

転職してみたはいいものの前の会社よりやりがいを感じなかったということもあります。

やりがいを感じない仕事を毎日続けていくのは無駄なことのように感じてしまい失敗したと感じるようになります。

転職に失敗した時にやるべき対応

2-3ヶ月の期限を決めて考える

転職直後には転職先の会社に慣れていないことが理由で溺れることや気を遣うことが多く、しんどくなったことが原因で転職に失敗したと感じることがあります。

何か違うなと感じた時は、2-3ヶ月の期間を決めて頑張ってみることがおすすめです。

仕事や人間関係に慣れてくることで問題が解決する場合があります。

しかし、パワハラやどうしても合わない場合は無理をして続ける必要はありません。

上司に相談をする

上司に相談をすることで解決できる場合もあります。

伝え方や受け取り方の問題や、事務職員などの担当者レベルの認識の違いによる勘違いや誤解ということがあり、こういった場合は上司に相談することで問題が解決できることが多いです。

再転職するために転職活動をする

上記の2つで解決をしない場合は再転職に向けて転職活動をすることが良いでしょう。

合わない会社や思っていた条件と違う会社で働き続けることはあなたにとってメリットよりもデメリットが多いからです。

そもそも条件を勝手に変えてくる会社で働き続ける意味はありません。

短期間での転職に不安な人もいると思いますが、実はあまり気にしない会社もたくさんあります。

「条件と違った」「当初聞いていた内容とあまりにも違った」など正直に話せば理解してくれる会社も多いです。

リスクを低くするために、在職中に再転職に向けて活動を始めましょう。

前職に出戻りをする

前職に戻るという選択肢も頭の片隅においておきましょう。

トラブルをして退職をしていなければ、前職の同僚と連絡を取ることもできるでしょう。

コンタクトをとってみることは有効な一手になります。

内容がわかっている人の方が良いという会社も多いです。

転職の失敗を減らすためにできること

転職の軸をしっかり決めておく

「なぜ転職をするのか?」など転職の目的をしっかり確認しておくことで、企業とのミスマッチを減らすことができます。

こだわり条件を確認してみましょう。

  • 給与、年収
  • 経験
  • 職種
  • 業種
  • 残業
  • 勤務地
  • 通勤時間
  • ワークライフバランス
  • スキルアップ
  • キャリアチェンジ

あなたの転職の軸をしっかり確認した上で企業選びをしましょう。

譲れない条件をしっかり確認しておく

譲れる条件とそれ以外の譲れない条件を事前に決めておきましょう。

  • 年収は600万円必要、それ以外は多少条件は絶対条件ではない
  • 今は家族との時間をとりたいので残業は月15時間以内にしたい、それ以外は多少は気にしない
  • マーケティングの業務をやりたい、それ以外は交渉できる

譲れない条件を決めておくことで、「入社後にやっぱり違う」ということを減らすことができます。

労働条件通知書・雇用契約書を確認しておく

内定を貰った後に、労働条件通知書や雇用契約書をしっかりと確認しておくことが必要です。

給与・残業・昇給・退職・業務内容などの記載を確認して、不安な箇所があればサインす流前に事前に確認をしておくことでトラブルを防ぐことができます。

口コミサイトを確認しておく

転職会議などの口コミサイトで転職先の口コミを確認しておくことも有効です。

実際に働いていた人の口コミを確認することで気をつけておく点を事前に知ることができます。

ただ、匿名の口コミになりますので、全て鵜呑みにするのは辞めておきましょう。

転職が失敗するリスクを減らすには転職エージェントの利用がおすすめ

そして良い求人に巡り合うためには転職のプロである転職エージェントを利用しましょう。

転職エージェントは無料で、

  • 転職相談
  • 非公開求人の紹介
  • 希望に合う求人の紹介
  • 履歴書・職務経歴書など応募書類の添削
  • 日程調整
  • 企業ごとの面接対策
  • 年収などの条件交渉

などをサポートしてくれます。

通常の転職サイトにはない「非公開求人」の紹介もあり、非公開求人の中には好条件の求人も多く含まれています。

また求人票にはない業界の情報や企業の社風や転職者の状況なども教えてもらうことができるので、しっかり活用することで転職失敗のリスクを減らすことができます。

まとめ

転職をすることにはリスクがついてきます。

もし、転職に失敗したと思ったら今の会社で現状を改善できないかということと、現状を変えることができなければ再転職ということも合わせて検討してみましょう。

転職に失敗しないようにするには、「なぜ転職をするのか」という転職の軸をしっかりと考えて、転職エージェントを利用したしっかりとした企業リサーチをすることで、事前にリスクを大きく減らすことが必要です。

転職の準備をしっかりとすることで、転職に失敗する確率を減らして転職をしましょう。

転職に失敗したと思った時に利用したい転職エージェント

▼【総合型】おすすめの総合型転職エージェントランキングはこちら

スクロールできます
サービスジェイック
就職カレッジ
doda
(デューダ)
ワークポートWorX
(ワークス)
リクルート
エージェント
おすすめ
ポイント
正社員求人のみ
未経験・フリーター
第二新卒に強い
約16万件の求人
スカウトが届く
全国に求人が豊富
未経験エンジニア
になれる
未経験異業種転職
年収平均90万円up
求人約50万件は
業界1位
特徴就職成功率81.1%
入社後定着率91.5%
就職実績2.3万人以上
無料診断ツール充実
優良求人多い
転職イベント
・フェア
相談実績50万人
無料オンライン講座
200時間のスキル
アッププログラム
求人数:業界1位
転職実績41万人
公開求人数非公開156,45061,0233,000365,610
非公開求人数非公開非公開非公開非公開268,817
おすすめ度
主な対象年代18〜39歳20代〜50代20代〜40代18歳〜35歳20代〜50代
対象エリア全国全国、海外全国全国全国、海外
利用料金無料無料無料有料無料
公式サイト詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る
SNSでシェアする
  • URLをコピーしました!
目次