飲食店を辞めてよかった理由!飲食業界からの転職は難しい?おすすめの転職方法

飲食業界で仕事をしている人で、「もう飲食業界で働くのを辞めたい」「別業種に転職をしたい」と思っている人も多いと思います。

  • 飲食業はもう限界
  • 仕事がきつすぎて辞めたい
  • 別の業界で働きたいけど経験がなく不安

こんな悩みを持っている人も多いと思います。

この記事を読むとわかること

  • SNSでの飲食業界を辞めてよかった理由
  • 飲食業界は年間休日が他業種より少なく有給も取りにくい
  • 飲食業界は他業種よりも年収が低く給料が上がりにくい
  • 他業種への転職には転職エージェントを利用すると未経験OKの求人の紹介をしてくれる

気になる箇所から参考にしてください。

転職エージェントを利用することで、飲食業界で働きながらでも効率的に転職をすることが可能になります。

「未経験業種OKの求人を厳選して紹介」「面接日程の調整」「応募書類のアドバイス」「面接対策」なども徹底してサポートしてもらえるので、他業種へ転職をしたい人も安心して転職が可能です。

飲食店から未経験の業界への転職に特化した転職エージェントのサポートを受けたい人は「フミダス飲食」がオススメです。

  • 未経験OKの求人が多数
  • 飲食業界から異業種転職に強い
  • WEBで簡単に相談ができる
  • 完全無料で利用できる
目次

飲食業界を辞めた人のSNSの口コミ・体験談

髪型や髪色・ネイルを変えて今までの人生で一番楽しめてる

ネイルができるので飲食を辞めて心から良かった

飲食バイト辞めてから料理が単純にいい趣味に戻った

今思い返すと当時は洗脳されていたと思う

異業種転職で給料が大きく増えた

一日の半分以上仕事をしていた。辞めてよかった。

学んだ事もたくさんあったけど、したい事は出来なかったし、辞めて良かった

飲食業の働き手はどうしてこうも不当で理不尽な状況で過酷労働を強いられるんだろう

飲食業界を辞めて良かった理由
  • 飲食業はネイルや髪型などおしゃれができない
  • 飲食業は休日が少ない
  • 飲食業は土日の休みがない
  • 飲食業は拘束時間が長い
  • 飲食業は給料が少ない・上がらない

飲食業界を辞めることがオススメな人の特徴

給料に不満がある人

飲食業界は競争が激しい業界で利益を出しにく異業界で、物価の高騰や外食チェーン店・コンビニなどの影響も受けやすく、価格競争になっていることも多いでしょう。

従業員の給料を上げることが難しいことが多い業界なので、給料が大きく増えることがイメージできずに、将来が不安になる人もいます。

身体的にしんどいと感じる人

飲食業界は長時間の立ち仕事になることも多く、身体的に負担が大きいことがあります。

そのような場合は異業種へ転職をすることで改善できる場合もあります。

労働時間や拘束時間が長いと感じる人

飲食業界では1日8時間以上の労働や、拘束時間が10時間以上のケースも多くあります。

拘束時間が長いことで、プライベートの時間が取りにくいと感じている人は異業種へ転職するほうが良いかもしれません。

土日祝日に休みを取りたい人

飲食業界は土日祝日が稼ぎ時なお店も多く、休みが取りにくい環境があります。

また、人員もギリギリで運営していることが多いので交代することも難しいことも多いでしょう。

土日祝日に休みを取りたい人は、飲食業界以外のほうが良いでしょう。

ヘアスタイルやネイルなどの制限に不満がある人

飲食業界ではヘアスタイルやヘアカラー・ネイルなどに一定の制限があるところも多くあります。

ヘアスタイルやネイルなどの制限に不満がある人は飲食業界以外のほうが自由度が高いことが多く向いています。

飲食業界の労働環境が良くないと感じる理由

飲食業界はネイルや髪型などおしゃれができない

飲食店の業態によっては、髪型やネイルなどに厳しい規則がある会社も多く、ガマンしている女性の人も多いでしょう。

飲食業界を辞めることによって自分らしいネイルや髪型やカラーなどにすることができます。

飲食業界は休日が少ない

業界企業平均
年間休日総数
情報通信業118.8
学術研究,専門・技術サービス業118.8
金融業,保険業118.4
電気・ガス・熱供給・水道業116.8
教育,学習支援業112.7
製造業111.4
複合サービス事業110.4
不動産業,物品賃貸業109.6
医療,福祉109.4
サービス業(他に分類されないもの)109.0
卸売業,小売業105.7
生活関連サービス業,娯楽業104.6
建設業104.0
鉱業,採石業,砂利採取業103.8
運輸業,郵便業100.3
宿泊業,飲食サービス業97.1

(参照:厚生労働省 平成30年就労条件総合調査

厚生労働省の調査では、宿泊業や飲食サービス業の年間の休日は最下位で平均で年間97日となっていて他業種と比べて休日が少ないです。

情報通信業や、金融・保険業などの上位の業界と比べると年間20日以上も休日が少ない結果となっています。

飲食業界から他業種へ転職をすることで、休日が増えて体の負担が減ったという人も多いですね。

飲食業は土日の休みがない

休みが少ない上に、飲食業は土日に休めることが少ないお店が多いです。

土日にお客様が多いお店も多く、人数もギリギリで運営している飲食店も多いので土日に休むことが難しい人も多いでしょう。

勤務体系がシフト制になっていて、2日連続で休むことも難しい人も多いのではないでしょうか。

飲食業界から他業種へ転職をすることで、土日にゆっくりと休むことができるようになります。

飲食業界は有給休暇が取りにくい

業種労働者1人平均
有給取得日数
電気・ガス・熱供給・水道業14.2
複合サービス事業13.0
鉱業,採石業,砂利採取業11.6
情報通信業11.5
金融業,保険業11.2
製造業11.0
学術研究,専門・技術サービス業10.1
サービス業(他に分類されないもの)9.5
運輸業,郵便業9.3
医療,福祉8.9
不動産業,物品賃貸業8.6
教育,学習支援業8.0
建設業7.0
生活関連サービス業,娯楽業6.7
卸売業,小売業6.5
宿泊業,飲食サービス業5.2
(参照:厚生労働省 平成30年就労条件総合調査

飲食業界は他の業種と比べて有給休暇が取りにくいです。

他業種では年間10日以上有給を取得できている業種も多いですが、飲食店は最下位の年間5日程度しか有給を取れていない現状があります。

そもそも年間の休日が少ない上に有給も取得しにくいという休みにくい環境があります。

飲食業界から他業種へ転職をすることで、有給休暇を取りやすい環境で仕事をすることができます。

飲食業は拘束時間が長い

ランチとディナーを両方している飲食店の場合、仕事の拘束時間が10時間以上になるお店も多くあります。

ランチ後に休憩が2時間あり、その分仕事終わりの時間が遅くなるということが普通にあります。

拘束時間が長いことで仕事終わりに友人と遊ぶことが難しいなども多いですね。

飲食業界から他業種へ転職をすることで、会社の拘束時間が短くなりプライベートを充実させることができます。

飲食業は給料が少ない上に年収が上がりにくい

(参照:doda 平均年収ランキング

飲食業界や小売業界は業界の平均年収が他の業種と比べて低く、平均年収が351万円(男性386万円、女性310万円)となっています。

個人の飲食店の場合は大きく業績を伸ばし利益を増やすことも難しく、年収が上がりにくい場合が多いですね。

飲食業界から他業種へ転職をすることで、給料を増やすことができ将来的に年収アップを目指すことができる可能性が上がります。

飲食業界の現状
  • 平均の年間休日が97.1日と業種別で最下位
  • 有給取得日数が年間5.2日で業種別で最下位
  • 平均年収は351万円で他業種と比べて少なく、年収が上がりにくい業種

飲食業界を辞めるメリット・デメリット

飲食業界を辞めるメリット

キャリアアップができる

飲食業界を辞めて新しい業界へ転職することで、新しい仕事を覚えることができます。

新しいスキルを習得することで市場価値を上げることができ、年収を上げることも期待できます。

労働環境が改善できる

長時間労働から開放されます。

土日祝日が休みの会社へ転職をすると、まとまった休みを取ることができ、今まで取れなかった有給休暇を取ることもできるようになるでしょう。

労働環境が改善することでプライベートも充実することができます。

年収アップが期待できる

飲食店は一般的に他業種よりも年収が低いことも多く、異業種へ転職することで年収アップが期待できます。

年収が増えることで、生活の自由度が上がりライフスタイルが良くなります。

飲食業界を辞めるデメリット

新しい仕事に慣れるまでに時間がかかる

新しい仕事の業務を覚えるまでに一定の期間がかかります。

新しい職場のルールや仕事に慣れるまでは、大変に感じることもあります。

人間関係がイチからになる

転職をすると人間関係をイチから築いていく必要があります。

コミュニケーションが苦手な人は慣れるまでに時間がかかることもあります。

飲食業界からの転職にオススメな業界や職種

営業

飲食業界で学んだコミュニケーション力を活かして営業をする方も多くいます。

「不動産営業」「インサイドセールス」「モバイル販売」など、営業未経験からでもできる仕事が多数あります。

IT業界

パソコンでが好きな人やパソコン作業が苦にならない人はITエンジニアもオススメです。

未経験からでも研修制度が充実している企業も多く、スキルを身につけることで大きく年収を上げる事ができます。

事務職

オフィスワークの仕事も未経験から可能な仕事が多くあります。

派遣や無期雇用・紹介予定派遣(一定期間後正社員に登用)・正社員など、ライフスタイルに合わせた働き方を選べます。

土日休みで残業が少ない職種なので、労働環境も良く長期間働きやすくオススメです。

その他

「工場・製造業」や「ブライダル業界」「介護・福祉業界」などへ飲食業界から転職をする人も多いようです。

気になる業界が決まっている人は以下に業種ごとにオススメの転職サービスをまとめているので参考にしてください。

飲食業界から転職を考える時は転職エージェントを利用して効率的に転職をしよう

飲食業界から転職を考えている場合は、無料で利用することができる転職エージェントを利用することがオススメです。

飲食店で仕事をしていると休日が少なく、毎日の会社の拘束時間も長いので、転職活動をする時間は限られてしまいます。

飲食業界からの転職は難しいと思いがちですが、転職エージェントを利用することで、飲食業界で働きながらでも効率的に転職をすることが可能になります。

「未経験業種OKの求人を厳選して紹介」「面接日程の調整」「応募書類のアドバイス」「面接対策」なども徹底してサポートしてもらえるので、他業種へ転職をしたい人も安心して転職が可能です。

転職エージェントを利用するメリット

  • 転職相談
  • 自己分析のアドバイス
  • ブラック企業を排除している
  • 希望や条件に合う求人の紹介
  • 好条件の非公開求人の紹介
  • 履歴書や職務経歴書のアドバイス
  • 日程調整
  • 企業に合わせた面接対策
  • 給与や休日などの条件交渉
  • 退職アドバイス
  • 完全無料

飲食店から未経験の業界への転職に特化した転職エージェントのサポートを受けたい人は「フミダス飲食」がオススメです。

  • 未経験OKの求人が多数
  • 飲食業界から異業種転職に強い
  • WEBで簡単に相談ができる
  • 完全無料で利用できる

飲食業界から転職をしてライフスタイルを良くしよう

飲食業界から別の業界へ転職をすることで「休日が増える」「有給休暇が使える」「給料が増える」「土日に休める」「拘束時間が短い」と感じる人も多いです。

プライベートに使える時間が多くなることで、自分らしく生活をすることができ、ライフスタイルを今よりも良くすることができます。

転職活動をするときには、在職中に転職エージェントに無料相談をしてみましょう。

未経験OKの会社の求人の紹介もあり、日程調整や書類作成のサポートもあるので効率的に転職をすることができます。

飲食業界から転職をしてライフスタイルを良くしましょう!

特にオススメの転職エージェントはこちらです。(無料)

複数の転職エージェントを併用して利用することでより良い求人に出会う事ができます。

SNSでシェアする
  • URLをコピーしました!
目次