転職活動で休みすぎて会社にバレないか不安な人の効率的な面接の日程調整方法

転職活動で休みすぎて会社にバレないか不安な人の効率的な面接の日程調整方法

転職することを決めて、転職活動を始める時に「企業の面接が平日の昼間なので、会社を休まないといけない問題」があります。

  • 有給休暇を使って面接をしていいの?
  • 今の会社でなかなか有給休暇が取れない
  • 有給休暇をすべて使ってしまっていて休みが取れない

こんな悩みがある人も多いと思います。

この記事を読むとわかること

  • 「私用」の理由で有給を使い企業の面接を受けよう
  • 有給休暇が使えない会社は環境が悪いので転職をしたほうが良い
  • 有給休暇をすべて使い切ってしまっている場合に休む方法
  • 無断欠勤はしない
  • 無料の転職エージェントを利用することで面接日程調整を効率化する

気になる箇所から参考にしてください。

転職エージェントを利用することで、在職中で転職活動にあまり時間が取れない人でも、希望に合う求人の紹介をしてくれたり、面接の日程調整や給与交渉までしてくれるので、利用をしておくと転職成功の確率を上げることができます。

特にオススメの転職エージェントはこちらです。(無料)

複数の転職エージェントを併用して利用することでより良い求人に出会う事ができます。

目次

短期間に多くの休みを取得すると会社に転職活動を怪しまれる

短期間に多くの休みを取得すると会社に転職活動を怪しまれる

在職中に転職活動をする場合、面接時間が平日になることもあり、会社を休まなければいけないこともあります。

そんな時は有給休暇の取得や欠勤をして採用面接をしなければいけない時もあります。

しかし、有給や欠勤など1ヶ月の間など短期間に2〜3回休みを取得すると間違いなく会社で目立ちます。

「体調が悪いのかな?」「転職を考えているのかな?」など同僚や勤怠や給料の管理をする事務員などで、気になる人も出てくるでしょう。

体調が悪そうでなければ転職をしようと思っていると思われても不思議ではないでしょう。

会社には転職活動をしていることがバレると会社に居づらくなる

会社には転職活動をしていることがバレると会社に居づらくなる

転職活動をしていることが会社にバレても法律的に問題はありません。

しかし法律的には問題がなくても良いことはほとんどありません。

可能な限り内定をして退職届を提出するときまで誰にも転職活動がバレない事が望ましいのです。

転職活動が会社にバレた時のデメリット

  • 会社に居づらくなる
  • 人間関係が悪くなる場合がある
  • 重要な仕事を任せてもらえなくなる
  • ボーナスや昇給に影響がある場合がある
  • 転職先が見つかなく転職ができない場合もある

会社に居づらくなる

同僚にバレることはまだしも、お世話になった社長や上司にバレると会社に居づらくなることも多いです。

会社を辞める人と見られることで、気まずい感じを受ける人も多いです。

人間関係が悪くなる場合がある

転職することを応援してくれる人も多少はいるでしょう。

しかし、仕事ができなかったときから熱心に仕事を教えてくれた社長や上司との人間関係が悪くなる場合があります。

仕方のないことではありますが、特にあなたの今後の成長を期待していた人からすると残念に思われることもあるでしょう。

重要な仕事を任せてもらえなくなる

転職するかもしれない人に重要な仕事を任されることは少ないでしょう。

会社としても今後活躍してくれそうな人にチャンスを上げたいと思うことは普通のことです。

ボーナスや昇給に影響がある場合がある

転職をするかもしれないということがわかれば、評価が低くなることもあります。

将来に対する期待という面でマイナスポイントになることがあるからです。

重要な仕事を任せてもらえないことで実績も出しにくいでしょう。

転職先が見つからなく転職ができない場合もある

転職活動がうまくいかず、転職ができない場合もあります。

希望の会社が見つからなかったり、内定が貰えず「会社に居づらくなる」「人間関係が悪くなる」「重要な仕事を任せてもらえない」などのデメリットを抱え続けて今の会社で仕事を続けることになる可能性もあります。

このような理由から、内定をするまでは転職活動は在職中の会社にバレない方が良いということになります。

転職活動が会社にバレないようにするポイント

転職活動が会社にバレないようにするポイント

転職活動が会社にバレないようにするポイント

  • 同僚や関係者には転職の相談や話はしない
  • SNSで転職関連の事を書かない
  • 転職サービスの氏名を非公開・在職中の会社をブロック
  • 職務経歴書の内容を特定できないように固有名詞などは避けて記載
  • 会社所有のスマホやパソコンで転職サイトなどを検索しない

同僚や関係者には転職の相談や話はしない

同僚や上司に転職活動の話はしないようにしましょう。

会社内の誰かに話しをしてしまうと、噂が広まりバレてしまう可能性が高くなります。

SNSで転職関連の事を書かない

TwitterやInstagramなどSNSで転職関連のことを書くと、転職するのかと思われてしまうことがあります。

個人用のメールアドレスを使用する

転職活動に使うメールアドレスは、会社のメールアドレスではなく個人のものを使用しましょう。

会社のパソコンの管理者は、従業員が使用する会社用のメールアドレスの内容を確認することができるので要注意です。

転職エージェントとの電話連絡は会社ではしない

電話のやり取りは会社内ではせず、プライベートな場所でするようにしましょう。

社内で電話をすると、誰かに話しを聞かれてしまう可能性があります。

転職サービスの氏名を非公開・在職中の会社をブロックする

会社が転職サービスを利用している場合、採用担当者が経歴などからあなたに気づくことがあります。

利用する転職サービスで、名前を非公開にしたり在職中の会社が閲覧できないようにブロックする設定をしておきましょう。

職務経歴書の内容を特定できないように固有名詞などは避けて記載する

職務経歴書に記載する会社名やサービス名から個人を特定される場合があります。

職務経歴書の内容は会社名やサービス名などの固有名詞は避けて記載するようにしましょう。

会社所有のスマホやパソコンで転職サイトなどを検索しない

会社所有のパソコンで、転職サイトなどを検索・閲覧しないようにしましょう。

閲覧履歴から転職活動がバレてしまうことがあります。

転職活動をしていることが会社にばれないようにするための最も大切なポイントは、「同僚や関係者には転職の相談や話はしない」や「SNSで転職関連の事を書かない」ことです。

この2つのことを徹底していれば、そう簡単に転職活動をしていることがバレる事はありません。

詳しくは以下の記事で解説をしています。

転職活動で休みすぎても会社にバレないためには有給休暇を取得する

転職活動で休みすぎても会社にバレないためには有給休暇を取得する

会社を休んで転職活動をするのにベストな選択は、有給休暇を利用して休みを取ることです。

転職活動を考え始めたら、まず事前に有給休暇の残日数を会社の事務員に確認をしておくことが必要です。

有給休暇を効率的に利用して、転職活動をスムーズに進めて行きましょう。

転職活動で休みすぎても会社にバレないためには有給休暇を取得する

フルタイムで仕事をしている人は入社後半年から年間で10日の有給休暇が支給され、6.5年以上継続している人は年間20日の有給休暇を取ることができます。

有給休暇は一年間だけ繰り越す事ができるので、最大で40日間の有給を使用することができます。

転職活動で休みすぎても会社にバレないためには有給休暇を取得する
(参照:厚生労働省 リーフレットシリーズ労基法39条

会社に申請する有給休暇取得の理由

有給休暇の申請書に理由を記載する項目がある場合には「私用」と記載しましょう。

転職活動をしていることが会社にバレると損しかありません。

「転職活動の面接のため」と正直に書くのは辞めておきましょう

効率的な有給休暇の取得方法

効率的な有給休暇の使用方法は、「午後の半日だけ有給休暇」を取得する方法です。

企業の面接は多くの場合、平日にすることになります。

午後に有給を取ることで、17時以降の時間も使うことができ、一日にできる面接の数を3社など多く取ることができ、有給を使える日数も多くとることができます。

有給休暇の残日数が少ない場合などは、休みを取ることが厳しくなるので、できるだけ効率的に面接をする必要が出てきます。

複数社の面接を同日に入れることで、少ない有給休暇でも日程調整をすることができます。

転職活動における有給取得に関してのまとめ
  • 転職活動のために有給休暇に余裕を持たせておくと良い
  • 有給休暇の理由は「私用」でOK
  • 会社の人には転職の話をしない
  • 午後に半日有給を取得することで、面接できる日数を増やせる

有給休暇が取れない時にやむを得ず会社を休む場合に使える理由

有給休暇が取れない時にやむを得ず会社を休む場合に使える理由

有給休暇が取れないので、転職活動は諦める?

「有給休暇が取れないので、転職活動は諦めます・・・」

と会社を休めないことで転職を諦める方向で考えるのは辞めておきましょう。

無駄に数年間働くことでチャンスを逃したり、永遠に転職ができない場合もあります。

「転職を知ると決めたら、何が何でも転職をする方向で考えましょう」

では、有給休暇の残日数がない場合や有給休暇が取りにくい環境の仕事場の場合はどうしたら良いでしょうか?

有給休暇が取れない会社はそもそも環境が悪い

そもそも「慢性的に有給休暇が取れない会社は環境が悪い」です。

業種、業態にかかわらず、また、正社員、パートタイム労働者などの区分なく、一定の要件を満たした全ての労働者に対して、年次有給休暇を与えなければなりません(労働基準法第39条)。

有給休暇が普通に取得できないような会社はできるだけ早めに退職をするほうが良いでしょう。

有給休暇が利用できないときは仕方がないので嘘の理由で会社を休む

できれば嘘はつきたくはないのですが、有給休暇を取ることもできなく面接の日程調整ができなければ仕方がありません。

何らかの理由を作って平日の午後に休みを取るしかありません。

そういった場合はどのような理由が良いのでしょうか。

歯科などの通院で半日欠勤する

歯科医院や病院などの通院を理由に会社を午後欠勤するという方法があります。

歯医者や病院だと多少仕方がないところもあり、印象も悪くなりにくいです。

特に歯医者だと週に一回程度の通院がある場合が想定されるので、複数回休む事ができる理由としては良いでしょう。

この場合も例えば午後3時以降を欠勤にすることで、複数社の面接を入れる事ができます。

家族(子供)の体調不良

家族や子供・親の体調不良で面倒をみなければならない場合があります。

例えば、「子供が熱が出て面倒をみないといけない」「実家の父が倒れて帰省しないといけない」といったことが想定できます。

体調不良

腹痛や頭痛・熱があるなどの体調不良を理由に会社を休む事ができます。

2〜3日連続して休む場合はこの方法が理由としては良いかもしれません。

身内の不幸

あまり良いことではありませんが、身内の不幸がある場合も想定できます。

「親戚が亡くなったので帰省したい」「叔母が・・・・」と言うことがあるかもしれません。

帰省を入れることで2日程度休む事ができます。

無断欠勤は辞めたほうが良い

会社に連絡をすることなく休むことはしない方が良いでしょう。

近いうちに辞めるといえども、会社に迷惑がかかります。

もらうべき退職金が減額されたり貰えなくなることや悪い噂を流されることもあるかもしれません。

懲罰にされたり退職時にもらう書類の手続きに余計な時間がかかることもあるでしょう。

上記理由が全て使えなく、どうしてもやむを得ない場合を除いて無断欠勤をすることは辞めておきましょう。

やむを得ず休む場合のまとめ
  • 有給休暇が取れないことで転職を諦めない
  • 有給休暇が取れない会社はそもそも環境が悪い
  • 有給休暇が利用できないときは仕方がないので嘘の理由で会社を休む
  • 無断欠勤は辞めたほうが良い

転職活動で在職中でもできる効率的な面接日程調整方法

転職活動で在職中でもできる効率的な面接日程調整方法

早めに希望の面接日程を伝える

早めに希望の面接日を伝えることで、会社の休みを取りやすくなります。

朝や夜、休日の面接を利用する

会社によっては朝や夜の面接ができる会社もあります。

会社の勤務状況を伝えて、面接できる日程を調整してもらえる場合があります。

午後に有給を取り複数企業の面接を入れる

複数社に応募する際も、面接の日程を同日に入れることで「午後から3社の面接」をすることが可能です。

会社へ戻る移動時間の削減や夕方の時間を利用できるので、午前よりは午後に有給休暇を取ることがオススメです。

半日単位で有給休暇を取得することで、面接できる日数を多く取る事ができます。

オンライン面接を利用する

オンライン面接に対応している会社では、オンライン面接をすることで移動時間が削減できるのでオススメです。

回線が不安定な外出先や雑音が気になるカフェなどは避けて、貸し会議室や自宅で行うようにしましょう。

転職エージェントを利用して面接日程を調整してもらう

無料で利用できる転職エージェントを利用することで、ひとりで転職活動をすると企業と直接対応しないといけない面接の日程調整も代行してくれるのでオススメです。

複数社の面談の日程調整もお任せできるので、在職中でも効率的に転職活動をすることができます。

(17時以降の時間にも面接日時の対応してもらえるように交渉してもらうことができます)

転職エージェントを利用するメリット

  • 転職相談
  • 自己分析のアドバイス
  • ブラック企業を排除している
  • 希望や条件に合う求人の紹介
  • 好条件の非公開求人の紹介
  • 履歴書や職務経歴書のアドバイス
  • 日程調整
  • 企業に合わせた面接対策
  • 給与や休日などの条件交渉
  • 退職アドバイス
  • 完全無料

特にオススメの転職エージェントはこちらです。(無料)

複数の転職エージェントを併用して利用することでより良い求人に出会う事ができます。

効率的な面接日程調整方法
  • 無料で利用できる転職エージェントを利用して面接日程を調整してもらう
  • 午後に有給を取り複数企業の面接を入れる
  • オンライン面接を利用する

効率的に転職活動をすることで休みすぎても会社にバレない!

効率的に転職活動をすることで休みすぎても会社にバレない!

転職をするときのために有給休暇を多めに残しておくことで、効率的に転職活動をすることができます。

転職活動をしていることが会社にバレると、会社や同僚との関係が悪くなることがあるので、相談やSNSでの発信はしないほうが良いでしょう。

転職エージェントを利用することで、在職中で転職活動にあまり時間が取れない人でも、希望に合う求人の紹介をしてくれたり、面接の日程調整や給与交渉までしてくれるので、利用をしておくと転職成功の確率を上げることができます。

特にオススメの転職エージェントはこちらです。(無料)

複数の転職エージェントを併用して利用することでより良い求人に出会う事ができます。

より待遇や環境の良い会社に転職をすることで、あなたのライフスタイルは確実に良くなります。

できるだけリスクを抑えて、効率的に転職活動をすることで良い会社に出会うことができるでしょう!

関連記事

SNSでシェアする
  • URLをコピーしました!
目次